未経験のプログラマについて

未経験のプログラマというのは、実は二種類あり、一つは知識はあるのが実務経験がない、という場合であり、もう一つはまったくプログラミング経験すらない、ということである。
この二つがあり、同じような募集形態であっても、求められる人間像、スキルがまったく違うことになるので、よく見てから応募することが必要である。はっきりいって、スキルというものは、即戦力を求められていない限りは、そんなに高いハードルを用意されることはないし、またあくまでポテンシャル採用のほうが多いのである。

そのため、実は意外と未経験であろうとプログラマになることはそんなに難しいわけではないのである。
しかし、やはり若いほうがよく、どんなに歳でも三十代前半がギリギリであり、それ以上に難しいといえるのでやりたいというのであれば、出来るだけ早く決断したほうがよいのである。

ちなみに、システムエンジニアをそのまま目指すのが最も無難なキャリアルートである。
但し、それには明確な資格があるわけではなく、名乗ろうと思えば誰でもできるのである。
実績やスキル、経歴が伴ってこそであり、まずは将来の目標設定を行い、プログラマがシステムエンジニアを目指すための階段を、一段一段登っていくことがお勧めできるといえるのである。

また、労働市場の傾向としては、未経験でもいいから将来性のある人材をしっかりと抱え込んでおきたいと思うところが多いので、しばらくは仕事に困ることはないのである。
未経験だけでなく、現在活躍中の方も常にスキル向上のための勉強は欠かせないものであり、プログラマなりの勉強のコツを押さえている方が、どんどん知識を吸収できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です